2010年6月30日水曜日

leaf撃沈!帝王賞

勝ったのはフリオーソ。こいつなら1発あってもいいとは思ったが…2着カネヒキリとは…
1年以上のブランクをものともせずの激走。実際のレースは、実は仕事が長引いて見れなんだが、…カネヒキリ…休養明けでも要注意と自分で言っておきながらノーマークでした。
本当に強い馬だと思います。

終わってみれば8歳馬2頭、1,3着は地方所属が馬券対象の大荒れ馬券も、レース見れなかっただけに、イマイチ盛り上がれなかったが、カネヒキリの常識を覆す好戦っぷりには、感動すら覚える。

宝塚でも実感したが、やっぱり素直に、強い奴は強い。

不人気馬の激走は、過去をたどればそれなりに裏付けがあるのかな?と思いました。

あくまで?だが。

競馬って凄いぜ。

leaf 串カツと帝王賞

宝塚記念はアーネストリー軸3連単での勝負でしたが、ブエナ・ジャーニーを斬って撃沈。
しかし、まさかのナカヤマフェスタ快勝でしたな。
内が荒れて外伸びの稍重馬場。外々から、不良馬場のダービー4着の剛脚炸裂。
ブエナ・アーネストリーをゴール前であっさりかわし、まんまと頂冠。
馬場がいくらか回復した稍重の馬場ってのが馬券の勝敗の決め手でしたな。

気を取り直して、ダートの帝王決定戦。大井のナイター、jpnI帝王賞。
好きです…ナイター
しかも出走馬の顔ぶれもなかなか豪華な布陣。
去年の覇者ヴァーミリアン、1年ぶりだが、長期休養明けでもしっかり激走するカネヒキリ、東京大賞典で世代交代の快勝を見せつけたサクセスブロッケン、かしわ記念で強豪エスポワールシチーに食い下がり、粘りの2着フリオーソ…
かしわ記念の覇者エスポワールシチーは不在の今回、歴戦の8歳馬が5頭もいたりするが、ここはこの8歳馬たちを嫌って勝負してみたいと思います。

サクセスブロッケン、フリオーソを中心に、マコトスパルビエロ、スマートファルコン、セレンあたりを絡めて3連単勝負。

普段は週末の中央競馬ばっかだけど、交流G1のナイターとかあると、ちょっと新鮮で、ワクワクしたりします。

2010年6月25日金曜日

dancer 宝塚記念

すいません。
久々の更新です。

世間ではW杯が盛り上がってますね。
私も昨日は3時に起きて日本の決勝トーナメント進出の
瞬間を観てました。

今日は寝不足の人が多いだろうな。
でも今日もブラジルvsポルトガルっていういいカードが
あるね。

ってかサッカーのブログじゃないんで。

さてリフレッシュ放牧明け。
春のグランプリレース。

堅いとこですが本命は1番人気であるだろうブエナビスタ。
前走はドバイ帰りの万全でない状態で勝利。
僅差ではあるが今回の状態は前回とは違うし一線級の牡馬
や世界を相手にしてきた力はやはり一枚抜け出ると見ます。

相手にはロジユニヴァース、ジャガーメイル、セイウンワンダー、
アーネストリー、ナカヤマフェスタ。

ロジの前走は10ヶ月振り。それから3ヶ月振りだが前走
よりは出来は良い。相性のいい阪神に替わるのもプラス。
重馬場も問題ないしね。

ジャガーメイルは58kg経験済みでブリンカー装着して
非常に安定。
京都記念ではブエナビスタから半馬身差。
上がり3Fもここ2走では最速。
ローテもいいし宝塚に標準を絞っての調整で万全。

ブエナ、ロジ、ジャガーと堅すぎる・・・
頭数も多いしもう少し絞らねば・・・

他にも
セイウンワンダーは相手なりにしっかりと走る優等生。
久々で勝利し叩いての今回。2週前に走ったばっかで軽めの
調整だが疲れも抜けていると助手も言っており十分だろう。

アーネストリーは圧勝の金鯱賞が久々で叩いて万全の状態。
好位につけれる器用さもあり期待。

ナカヤマフェスタは輸送が問題で関西圏で結果が出せて
いないが今回は早めに栗東入り。前目につけ折り合いも
問題ない馬だし渋馬場も対応出来るので一発に期待。

挙げる馬、多過ぎるな・・・

さてもう少し考えます。

leaf宝塚記念展望

枠順も決まり、いよいよ春のG1戦線を締めくくる大一番、宝塚記念。
1番人気はブエナか、ジャーニーか…
現役最強牝馬、ブエナビスタは海外遠征後のヴィクトリアマイルで、続くマーメイドステークス5着のアマランに差されそうになりつつ辛勝。
これだけ強豪牡馬ぞろいのグランプリで、絶対視できる存在ではないと判断し、斬り。

ドリームジャーニーは球節炎のため、天春を回避し、大外枠の防衛戦。
放牧明けでリフレッシュしたとはいえ、万全な状態ではないと見て、斬り。

本命はジャガーメイル。上記2頭を斬るなら、今年の京都記念の決着、力関係から。
天春を勝って、今なお状態上向きで、激走ブリンカー装備。…ド本命すぎる…

対抗にアーネストリー、ロジ
アーネストリーは内枠のエエ所ゲット。逃げ粘りでやらかし目論んでいそうな佐藤哲三騎手に期待。
スタミナ粘り勝負なら負けないロジユニヴァース。

前残りの展開だとすればこの2頭の根競べかと。

2010年6月21日月曜日

leaf放牧明け 宝塚記念出走馬チェック

久々の更新です。
ダービーはペルーサ本命で勝負しました。パドックで股に汗をかいていたペルーサを見て、ちょっとイヤな予感はしてたんだが…(返し馬でも落ち着きがなかった…)
絶好調のノリを信じて、いざ、勝負。

ペルーサ、まさかの出遅れ
ア、アホー!!!

しかも超スローペースで、最後方からは辛い展開に…
結局このスローペースで巧みに折り合いをつけた内田騎乗のエイシンフラッシュが勝ち、ペルーサは6着。

しかし、ヴィクトリアマイルでも内田Jは完璧な騎乗でブエナビスタにクビ差2着。
穴馬を炸裂させる職人ですな。今後も要チェックや!

…そんなこんなで、ずいぶん更新をサボっていました。(理由になってない)
3週間の放牧明けです。

馬体診断の師匠、武虎氏の競馬予想パドックルームのトップページでウマボーイズを紹介していだだいてるのを見て、感激し、のんびり放牧してる場合じゃないと、グランプリレース宝塚記念の情報収集をしていたところ、今度は、ウマボーイズのトップページで勝手にリンクさせていただいている『競馬ナンデ』の編集長である、おくりばんと氏からリンクのお礼と応援のメールをいただきました。
…嬉しすぎる…
たまに、更新途絶えたりする短距離型ブログですが、競馬を愛してやまない気持ちだけはあるので、今後も精進していきたいと思います。

てな訳で、今週はグランプリ宝塚記念。燃え尽きる覚悟で挑みたいと思っとります!!
同じグランプリなのに、巷では有馬ほど盛り上がっていないのがいささか気になるが。
それは置いといて馬体チェック。
…ブエナ、なんか、逞しくなったな…1番人気するんかな…?
いかにも心肺能力の高そうな馬体…な気がする。…胸のあたりがゴツイ感じ。
ジャガーメイル。強そうだ。天春勝った馬よりも、天春で凡走した馬のほうがここはいいらしいが…(余力の関係で)ウィリアムズ騎手とのコンビもいいしな…
宝塚ではブリンカー装着で挑むらしい。調教師によると、ブリンカーつけたほうが走るらしい。…つけなさいよ。
実際天春では上位3頭はみんなブリンカー着用だった。
ブリンカー恐るべし。
ロジユニヴァースは横典から安勝に乗り替わり。
前走はプラス24キロと、明らかに太かったが、調整の難しい馬だそうで。今回とくに太めの印象でもなさそうだし、栗東滞在で、輸送面の心配もないらしい。
アーネストリーは人気するのかよくわからないが、去年2着のサクラメガワンダーと同じグラスワンダー産駒。金鯱賞の勝ち馬は宝塚で激走するパターンが多いらしいが、(3.3.1.3)今年はコース違うので、微妙かな。