2010年5月13日木曜日

leaf Vマイル展望

完全に2強ムードですが、ブエナとディザイアはとりあえず置いておいて、2強に割って入ってきそうな馬は…
府中の千六勝鞍があるのは、ミクロコスモス、ヤマニンエマイユ、ラドラーダの3頭のみ。
ラドラーダはシンボリクリスエス産駒の東京1600好走データも後押しして、期待できそう。鞍上も魅力
ヤマニンエマイユはいかにも準オープン馬といった戦歴だが…可哀想なくらいハードなローテ。なぜ、ここにきてGI使うのか謎。
ミクロコスモスは阪JF以来オープンでは結果残せずも、前走で牡馬相手に快勝。…なんだが、格下感は否めず。

今回蛯名乗り替わりのコロンバスサークルは、前走で初の2ケタ着順凡走だが、東京の蛯名の格言があるだけに、怖い1頭。実際蛯名は東京1600の牝馬戦でくくると、(8・3・0・35)3着内率17.4%と成績トップでした。
次いで2位 内田(6・2・6・27)14.6%  3位 北村宏司(6・2・3・38)12.2% 
4位後藤 5位武豊

北村宏司騎乗ニシノブルームーンは前走で一変。初の重賞制覇。タニノギムレット産駒はウオッカが3勝2着1回で、データ的にアテにはできないが、東京1600牝馬限定でくくると(3・5・1・14)13.0% ウオッカの成績抜くと、…一気に成績下がるな…

あとは去年の2着馬ブラボーデイジー。2着っつってもウオッカに7馬身ブっちぎられてる訳だが…

…いまのところ、正直言ってどうしても2強になってしまう感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿