2010年5月18日火曜日

dancer 優駿牝馬


今週は優駿牝馬。

あっしが親です。

先週ヴィクトリアMは去年クラシックを沸かせた2頭の激突したが

今年も将来のスターホースが出てくるのか・・・

筆頭は2歳牝馬チャンピオンのアパパネ。
某予想サイトでは体形、瞬発力はマイル向きとの声も出ている。
桜花賞では行きたがる面も出ていて距離に疑問視もあるね。
東京の相性は良く実績面ではダントツだけどこの未知の距離
が心配。

あと注目されるのはトライアルのフローラS勝ち馬のサンテミリオン。
ここを目標としてきて順当に来てるし前目に立ち回れるセンスも
ある。東京2,400mは魅力のロブロイ産駒とも言われている。
怖い存在・・・

そして桜で我々が泣かされたオウケンサクラ。
フラワーCでは前述のサンテミリオンに勝ち桜花賞では同じく前述の
アパパネにあと一歩。
流れが向いていたというのもあるけど自在性のある馬だから前で
うまい事流れに乗れるし前走のように安勝マジックもある。

でも今の段階で気になるのはこの3頭以外です。
まずは桜花賞でもdancer本命だったシンメイフジ。
桜花賞ではスローな流れにうまい事乗れず直線大外から伸びたが
届かず。
上がりは唯一の33秒台。左回りなら新潟2歳Sの豪脚が再現出来るし
長い長い直線で鋭い切れ味の脚を使ってぶっちぎる予感が・・・

次はショウリュウムーン。
桜花賞は最内枠で道中包まれ通しで前残りに。距離が長い方が有利
なはず。追えばさらに追ってくるはずなので長い直線の東京向きで
父キンカメ、母父ダンスインザダークなら距離延長はもってこいの条件。
馬場にも左右されないし面白い1頭です。

調べだすとキリがない・・・

アプリコットフィズも桜花賞は初の長距離輸送と初の阪神コースだった
という点を思えば前走は度外視してもいいかも。
東京2,400mならジャンポケの血が・・・

他にも桜花賞ierou一押しのエイシンリターンズ。
リターンズはいつも堅実な走りで上位に食い込んできている。
今回もきっちり上位争いをしそうな感じだよね・・・

最近負け続き・・・

今週こそはって何回書いてることやら・・・
が、今週こそは勝たねばいけない。

なんせ皆さんから愛されてる愛車の調子が悪い。

今日も偶然leaf、ierouの知り合いに合い(dancerは軽い
知り合い程度)、いい車だね~って言われました・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿