2010年5月24日月曜日

樫 回顧・・・

初のG1での同着。

アパパネとサンテミリオン。

強かったね。

ウマボーイズはこの2頭とも斬っての勝負。

また負けた・・・

長いトンネルや・・・

さてレースの回顧。
アパパネは2,400mの距離が疑問視されていたがやはり
牝馬の中では力が抜けているのか。
後方待機になったが今日は折り合えていて直線にしっかり
と差し切り。
サンテミリオンは後からネットで見たのですがこの馬に
とって状態は一番良かったみたい。
騒がれてたゼンノロブロイ産駒の力を見せた。

終わってみれば力通りの決着。

3着にはアグネスワルツ。
この馬場では速い時計で前の馬には厳しい展開とも思えるが
バテずにしっかりと最後まで脚を使った。
強いと思います。

個人的に推してたシンメイフジとリターンズはいいところなく
終わった。
シンメイフジは馬場か距離か。
でも良馬場ではもう一度切れる脚をみたいと思う。

リターンズは馬体重には出なかったけど輸送が影響したのか。
まだ見限るには早い。

まあどの馬もそうだけどね。
夏を越してどれだけ最後の牝馬クラシック・秋華賞まで成長
するかだね。

さあ気を取り直して今週は競馬の祭典・東京優駿。

0 件のコメント:

コメントを投稿